知識

Scope3のカテゴリとは?それぞれ一覧でわかりやすく解説!

脱炭素への取り組みについて調べる中で出てくる、Scope1、2、3という言葉。聞いたことはあっても、詳しい意味はわからない、という方も多いのではないでしょうか。

本記事ではScope3に焦点を当て、さらに細かく分けられている15のカテゴリについて詳しく解説します。自社の温室効果ガスの排出量を知りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

そもそもScope3とは?

Scope3

Scope3とは、製品を製造する過程で企業が排出する二酸化炭素のうち、自社以外のサプライチェーンで発生したものを指します。サプライチェーンとは、製品を製造する際の部品の調達から製造、在庫管理、配送、販売、廃棄などの一連の流れのことで、このサプライチェーン全体における二酸化炭素の排出量を「サプライチェーン排出量」と呼んでいます。

Scopeとは、サプライチェーン排出量を3つの分類に分けたもののことです。具体的には、以下のように分けられます。

・scope1:サプライチェーンの事業者が自ら排出している温室効果ガス(直接排出)

・scope2:自社で使用する電気や蒸気などのエネルギーを他社がつくる際に生じる二酸化炭素(間接排出)

・scope3:scope 1、scope2以外の間接排出

scope3は、自社が事業を行うことによって排出する二酸化炭素ではなく、それ以外で発生する輸送や廃棄物処理に関わる二酸化炭素排出量を指します。Scope3に該当するカテゴリは全部で15あるので、以下でそれぞれ詳しく解説したものをチェックしてみてください。

Scope3のカテゴリ分類を1つずつ解説

Scope3の15のカテゴリを1つずつ紹介します。イメージしやすいように例も挙げているので、ぜひ参考にしてみてください。ちなみに、カテゴリ1〜8が上流、カテゴリ9〜15は下流という分類になりますが、ここではまとめて紹介します。

カテゴリ1:購入した製品・サービス

材料の購入先である、外部の会社が排出する温室効果ガスです。原材料、部品、梱包資材、容器などが挙げられます。社内業務であっても、外部に委託している場合は自社での排出ではないためこのカテゴリに該当します。

例えば、工務店が家づくりのために使用する建材を取引先が製造する際に排出される温室効果ガスは、この「購入した製品・サービス」に含まれます。

カテゴリ2:資本財

製品を生産するための設備や工場などを増設する際に排出される温室効果ガスです。建築完了までに複数年かかった場合、完了した年にまとめて計上します。

例えば製造業なら、工場の老朽化にともない新工場を増設した場合などに該当します。1年で終わらなかった場合は、建築が完了した最終年に排出量として計上すれば問題ありません。

カテゴリ3:Scope1,2に含まれない燃料及びエネルギー活動

まずはScope1とScope2についておさらいしてみましょう。Scope1は自社でエネルギーを使用することによって排出された温室効果ガスです。Scope2は、自社で使うエネルギーを他社が生産するときに排出される温室効果ガスのことです。

カテゴリ3の「Scope1,2に含まれない燃料及びエネルギー活動」とは、Scope1で使用するエネルギーの燃料を採掘・精製する際に発生する温室効果ガスを指します。火力発電所で電気を生み出す際に使用する、石油燃料などがこのカテゴリです。石油だけでなく、ディーゼル発電機に使う軽油なども該当します。

カテゴリ4:輸送・配送(上流)

商品を輸送する際に生じる温室効果ガスのうち、購入したものを運ぶ場合のカテゴリです。販売する際は、後ほど説明する下流のほうに分類するので注意しましょう。

カテゴリ4の例としては、部品の購入先から荷物を送ってもらう際に、船やトラックなどから出る温室効果ガスなどが該当します。

カテゴリ5:事業から出る廃棄物

廃棄物を自社以外で処理する場合に、輸送や処理にあたって排出される温室効果ガスを指します。ただし、「Scope3基準及び基本ガイドライン」では輸送は任意の算定対象とされているため、処理にかかる部分のみの計上でも問題ありません。

「事業から出る廃棄物」とは、例えば賞味期限切れの食品などが該当します。それらを廃棄物場に運んだり、廃棄物を処理したりする際に発生する温室効果ガスです。

カテゴリ6:出張

従業員が出張の際に使用する電車や飛行機などの交通機関や、車での移動がこちらに該当します。一見、自社の出張のためScope1に思われがちですが、自社の事業によって排出しているわけではないためScope3に分類します。

例えば、従業員が営業のため遠隔地に出張する際は、飛行機、船、車、電車など移動方法にかかわらずこちらのカテゴリで算定します。

カテゴリ7:雇用者の通勤

通勤における従業員の移動も、出張と同じくScope3の排出量に分類します。車やバスなどから出る排出ガスは、公共交通機関を運営する会社が排出する間接排出です。

カテゴリ8:リース資産(上流)

自社が賃借するリース資産の稼働における温室効果ガスの排出が該当します。ただし、算定・報告・公表制度ではScope1、2に計上するため、実際には該当なしの場合が多いのが特徴です。

リース資産での排出とは、例えばオフィスを借りている場合に、そのオフィスでの業務で発生した温室効果ガスがこのカテゴリに該当します。ただし、電気などScope2に計上するものはこのカテゴリには算出しません。

カテゴリ9:輸送・配送(下流)

ここからは、自社で製造した製品を販売した際に該当する「下流」のカテゴリです。商品の出荷や倉庫での保管などの際に発生する温室効果ガスは、この「輸送、配送(下流)」のカテゴリに分類されます。

例えば、製造した製品をインターネット販売で消費者に配送する際に排出される温室効果ガスです。在庫を外部の倉庫に保管する場合は、保管にかかる排出量も併せて計上します。

カテゴリ10:販売した製品の加工

販売した製品を別の企業に販売し、そこで製品を加工する際に排出される温室効果ガスを計上します。例えば、自社で製造した部品を自動車工場に販売し、その自動車工場で部品を加工して自動車を製造する場合などです。

カテゴリ11:販売した製品の使用

販売した製品を、消費者が使用することで生じる温室効果ガスの排出量です。例えば、販売したエアコンを消費者が使用した場合に、排出量を計上する必要があります。このように、実際に消費者に届けられてからも対象になるため、省エネ製品の開発はどの企業においても大切な課題となりつつあります。

カテゴリ12:販売した製品の廃棄

販売した製品を販売先や消費者が廃棄する際にかかる排出量は、このカテゴリに該当します。カテゴリ5で紹介した「事業者から出る廃棄物」と同様に、輸送と処理が含まれます。ただし、「Scope3基準及び基本ガイドライン」では輸送は算定対象外になっているため、場合によっては計上しないこともあります。

カテゴリ13:リース資産(下流)

自社が賃貸業者として所有している資産において発生した温室効果ガスを計上します。例えば、自社が貸し出しているオフィスの入居事業者が排出した二酸化炭素などです。

カテゴリ14:フランチャイズ

自社が大元となっているフランチャイズの加盟店における、Scope1とScope2の排出量です。全店舗が対象となります。

カテゴリ15:投資

自社が投資している株式の場合、1株あたりの排出原単価を元に、投資額に応じて排出量を算定します。環境に配慮した投資先ほど、排出原単価が安い傾向にあります。

IGSでは企業の脱炭素への取組み支援を実施

環境問題でよく聞く単語Scope3について改めておさらいするとともに、15のカテゴリについて詳しく解説しました。脱炭素への取り組みを行う第一歩として、まずは自社で排出している温室効果ガスがどのくらいあるのかを把握することが大切です。

アイ・グリッド・ソリューションズ(IGS)では、脱炭素に興味のある企業に向けて脱炭素ソリューションの提供やコンサルティング・支援を実施しています。何から始めたら良いかわからないとお困りの場合は、こういったサービスを利用するのも一つの方法です。ぜひ気軽に問い合わせてみてください。

 

▷関連記事

循環型社会とは?取り組み事例と個人でできることをわかりやすく解説!

地球温暖化の影響とは?現在身近で起きていることや日本の状況を解説

化石燃料とは?特徴やリスクをわかりやすく簡単に解説!

▷グリラボSNSのフォローお願いします!!

Twitter @gurilabo

 

▷アイグリッドグループ

シェア