暮らし

環境のために日頃からできるエコな活動とは?

4月22日は「地球の日(アースデイ)」とされ、地球環境について考える日として世界各国でイベントが行われます。

日本においても、「アースデイ東京2021」が開催され、オンラインとリアルを融合した環境意識を高めるさまざまなイベント行われました。

https://earthday-tokyo.org/earthday2021/event/

近年の大規模災害が頻発し、私たちの生活にとっても大きく影響を与えていることで気候変動への危機感は高まってきているのではないでしょうか。

そして、昨年から私たちの生活を一変させた新型コロナウイルス。私たちの生活環境が大きく変わり、社会システムや地球環境への変化が求められていることは肌で感じていることと思います。

約3人に2人がエコや環境問題に関心がある。そのきっかけは

こうした社会変化の中で環境に対してどう感じているのか、アイグリッドで提供しているスマ電のご契約者さまに環境への意識について聞いてみたところ、エコや環境問題に関心があるかという質問に対して、約3人に2人の65%が「関心がある」ことがわかり、多くの人が環境に対して意識していることがわかりました。

また、エコや環境問題を意識することになったきっかけについて聞いてみると、最も多かった回答が「家計の節約のため」(52%)、次いで「ごみ袋・レジ袋の有料化の開始」(39%)、「温暖化や脱炭素のニュースを見たり聞いたりする機会が増えたため」(38%)という結果に。

最も多かった回答「家計の節約のため」という背景にはコロナ禍による生活環境の変化も影響していると考えられます。

さらに、別のアンケート項目で「コロナ禍で増えた出費」について聞いてみると、1位は圧倒的に「水道光熱費」(65%)。さらに水道光熱費の内訳では、「電気代」が増えたと回答した人が60%にも上ったことが明らかになりました。

こうした生活環境の変化がエコ意識や地球環境への意識にもつながったのではないかと考えられます。

日常的に行っているエコな行動とは

エコや環境問題を意識して日常的に取っている行動について聞いてみると、最も回答が多かったのが「エコバックの使用」(79%)、次いで「節電や省エネ」(64%)、「ゴミの分別、リサイクルに協力する」(58%)。

エコ意識が高まった要因として、在宅時間が増えたことで光熱費の負担が増えたという直接的な影響も大きいですが、政府が環境問題に対するさまざまな施策や方針が開始・発表されたことにより、日頃から環境問題を意識して行動する一般消費者が増えたのかもしれません。

環境問題の中でも、気候変動の問題は私たちの生活に大きな影響を与えるため、課題対策が急務となってきています。気候変動問題において大きな要因となっている二酸化炭素の排出を抑える取り組みは、企業、個人で取り組むことが大切です。

 個人の取り組みは社会規模で考えると小さなことかもしれませんが、一人一人の意識の変化が社会全体の対策にもつながります。環境省では個人のできる取り組みとして、省エネのための「選択」を推奨しています。

例えば、エコ家電や消費電力を抑えた照明にするなどエコな商品を選ぶこと。

例えば、車での移動を公共機関に変えること。

例えば、食べる量を変える、残さない食事を選ぶこと。

消費電力を抑えた家電や照明を購入することで、CO2排出を減らすことはイメージしやすいかもしれません。食品ロスがCO2排出にどうつながるのかというと、残した食品の廃棄によるごみ処理過程でCO2が排出されます。つまり、これは、食品ロスがなければ発生しないCO2ということになるのです。

家電を変える「選択」にはコストという負担はかかってしまいますが、食べ物を残さないという選択は日常から意識することで防げると思います。

エコバックを持つことが日常の行動になったように、食事の時に少し気をつけるというような「意識の変化の積み重ね」で環境を守る行動が増えていきます。生活の中で無理なくエコな選択を取り入れ、さらにそうした取り組みを家族や友人に広め、脱炭素の取り組みの輪を広げていきましょう。


《アンケート概要》

・調査対象:アイグリッドが提供する「スマ電」契約者(低圧電力プランを除く)

・サンプル数  :5,755名

・調査期間:2021年3月15日(月)~29日(月)

・調査方法  :インターネットリサーチ

《参照》

・アースディとは

https://www.earthday-tokyo.org/

https://www.earthday-tokyo.org/about

・環境省

https://www.env.go.jp/seisaku/list/ondanka/plan_06.pdf

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/kaikae/

https://ene-fro.com/article/ef120_a1/

▷グリラボSNSのフォローお願いします!!

Twitter @gurilabo
Instagram @gurilabo

▷アイグリッドグループ

         

シェア